ホームページ

ネイルサロンに欠かせない

ネイルサロンに勤めているという事ではなく、ネイルサロンをこれから自分で開業しようという場合など、欠かせないのがホームページです。
どのネイルサロンも、色々なキャンペーン情報を流したりする際に、必要な情報を広く知らせる事の出来るホームページは欠かせないと考え、利用しています。

その際、ネイルサロンは美容という分類になりますので、顧客からするとファッションセンスがあり個性を感じ、また今どきのデザインでなければ見ようと思いません。
カッコよく今どきのデザインのあるホームページを作るためには、やはり、いくつかのポイントを理解しておくことが求められます。

過去の作品を掲載する事の必要性

自分がお客様に施した、またお友達に施したネイルをホームページのギャラリーにのせておくという事も非常に大切な事です。
このネイルサロンではどのようなデザインのネイルが出来るのかな?という情報を求めて、顧客はホームページを見に来ます。

過去の作品が多ければ多いほど、こういうデザインでネイルしてほしいと顧客も依頼しやすくなるという事もあるので、写真を多くのせておく、出来れば季節ごとやシーンごとにまとめておくと見やすくていいでしょう。

できればお客様の顔を乗せた感想を

写真と共にお客様にお願いし感想を述べてもらい、それをホームページに掲載すること、さらにできればお客様の顔写真、容姿が確認できる写真を掲載できるとよりいいホームページになります。

実際にどのようなイメージの方がどのようなデザインのネイルをこのお店で施したのか、これがわかると利用者も利用しやすくなるのです。
お客様にこうしたホームページに掲載したいのですけれどとお話をして、了解を得られるようなら、こうした写真の数を多くしていくと、より顧客を集めやすくなります。

これからお店を開業するという場合、時間がありそうな方に声をかけて無料でネイルをさせていただき意見を頂きたい、その際、出来ればホームページにのせるためのお写真を撮らせてほしいとお願いし、数をある程度持っておくといいでしょう。
これは顧客の勧誘にもなる事なので、時間がある時にしっかり行っておくべきことです。

何かしら差別化できる手段を考えておく

これからお店を開くという場合には、来店から1か月間ネイル2000円オフなど、キャンペーンをはかり、他のお店との差別化を徹底的に打ち出すといいですし、すでにお店を開いている場合で、近くのお店が1000円オフキャンペーンを行っていたら、苦しくても1500円オフで対応するなど、差別化をうまく利用していくことも必須技術です。

メニューについてはあまりにも変更が多いと顧客が付かない要因となりますので、メニューはそのまま、その代わりにキャンペーンや割引企画など、色々な差別化できることを常に行っておくとこのお店はリーズナブルとか、あっちよりも確実に安いなどの印象付けとなります。

これもホームページで大々的に広告で切る事なので、写真やネイルの種類についての情報、さらに差別化などをしっかり広告、その上でカッコいいホームページに仕上げる事が求められます。