お礼状

お礼状を書く癖をつける

これからネイルサロンを開業したいという人や今ネイルサロンを行っているという方は、お礼状、お手紙を出すという事があるでしょうか。
最近は何かとメールで済ませてしまう人が多く、あまりお手紙やお礼状などを頂く機会も少なくなっていますが、開業という場合などにはお礼状を書くことをお勧めしたいのです。

メールでお客様のお時間に支障がないようにお礼のメールを送るというのも、お客様にとって邪魔にならないようにという配慮かもしれませんが、お手紙などを頂くことが少なくなった現代、お客様に礼儀をとおす、お礼を述べるという習慣は捨てずに置きたいものです。

手紙が面倒、でも将来を考えてみてほしい

お手紙でお礼状を書く、という事が苦手という方も少なくありません。
筆を執る事が苦手、文字が苦手という人も多いので、自筆するという事が出来ないという方もいますが、丁寧に書いたことが相手に伝われば文字の美しさなどはほとんど関係ありません。

つたない文字であっても季節を感じさせる背景のある便箋やはがきなどを利用してお届けする手紙やお礼状は、相手の方にとって今どき珍しく律儀な方だなと感じますし、こうした古風な事を丁寧に行ってくれる人に好感を持ちます。

打算的で恥ずかしいという方もいますが、打算があってこその商売です。
ネイルサロンも今は非常に厳しい状況に置かれていますので、顧客一人一人を大切にするという事も考慮し、出来る事は少しでも行っておくことが求められるのです。

手紙は手元に残ります

メールは何かの際に削除してしまうかもしれませんし、電話はその時記憶に残るのみです。
まして好きな人や大切な方から頂いた電話ならまだしも、ネイルサロンなどの店舗からお礼のお電話などが記憶に残るかというと残りにくいです。

しかしお手紙やお礼状という事ならしっかり記憶に残ります。
書面の形式を指定している手紙は、四季折々の事をつづったり、その時節についての表記があるため、文字として記憶に残りますし、また記憶を呼び起こすことも鮮明です。

どこかで利用されている例文を利用しても、そこに顧客の名前があったり、ちょっとした自分のエピソードなどが記されているだけでも、心に心地よい手紙となるのです。
手紙は送って損のないものであり、損得が働くとしても送る事で自分の気持ちを伝えることになります。

ご年配の方への意識を忘れずに

開業の際お世話になった方々には特に忘れることなくお礼状を送ります。
ご年配の方などは、こうしたお礼状などについて見識ある方々なので、送っておくことでマナー、節度などを持っている人として見てくれることにもなりますし、今どきお手紙というのも嬉しいものだと喜ばれるでしょう。

お手紙を書く、お礼状を書くという事を習慣づけていけば、次第に文字を書くことも、時節の例文を頭からスッと利用する事もできるようになります。
感謝の気持ちを文章にするという事の大切さを忘れずに、常にお礼状などに利用できる手紙セットなどを持っているといいでしょう。