爪にカビ?!「グリーンネイル」

ネイルをしていると発症しやすい病気

ネイルを思い切り楽しむためには、
爪の健康状態を整えることが前提となります。

健康的な爪を維持するようにきちんとケアを続けるべきですが、
ある時爪が緑色っぽく変色していることに気づく場合があります。

ひょっとしたらネイルの色素が沈着したのか?と思われるかもしれませんが、
実は緑色に変色している原因はグリーンネイルと呼ばれる爪の病気なのです。

グリーンネイルの正体とは

爪が緑色になってしまう原因は、爪に菌が大繁殖しているからなのです。
一見すると爪にカビが生えたのではないのか?
と思えるようなグリーンネイルの正体は、緑膿菌という菌の一種です。

健康的な爪なら緑膿菌が大繁殖するというトラブルは起こりませんが、
ネイルを行っているとジェルを塗り重ねては
UVライトで固めてという施術を繰り返しているうちに爪とネイルの間に隙間ができます。

この隙間が諸悪の根源となり、
日常生活で手を洗った時やお風呂に入った時などに水が入り込んだ状態になります。

きちんと乾かすことができれば問題ありませんが、
ネイルを施したままで長時間過ごしていると、
緑膿菌が繁殖しやすい環境となり、
通常では考えられないくらい増殖するのです。

元々緑膿菌は私達の身の回りに存在している菌で、
決して珍しい菌ではありません。

通常であればトラブルを引き起こすような菌ではありませんが、
ネイルをしている場合については注意が必要です。

なお、グリーンネイルの症状が現れても
全身に深刻な被害をもたらす症状が起こるわけではありませんが、
日常的にケアしなければこのようなトラブルが生じることを覚えておきましょう。

対処法について

爪が緑色になったという症状が見られたらすぐに皮膚科に行ってご相談ください。
この時きちんとネイルを落とした状態でなければ正しい診察ができないため、
事前にネイルを落としておくようにします。

爪の外側が緑色になっている場合で
あまり症状が悪くない場合はそのまま経過観察で完治する場合もありますが、
症状がひどい場合には外用薬が処方される場合もあります。

誰かに感染するのではないかと不安を感じる方もいますが、
感染するような病気ではないので安心してください。
見た目が悪いので気になるかもしれませんが、
このまま炊事を行っても問題ありません。

厄介なのは爪の内側が緑色になっている場合で、
この場合はネイルが関係しているわけではないと考えられるため、
医師の指示に従いながら適切な治療を受けてください。

長期間治療が必要になると予想されますので正しい、
お手入れ方法を確認しておきましょう。

グリーンネイルにならないようにするには、
ネイルを施している期間に水を使用した時
は必ずしっかり乾かすように心がけてください。