海外でのネイル資格

本場で自分の実力を試したい!

ネイリストとして日本で活躍するだけでなく、
日本とは異なるネイル市場が展開されている海外で
仕事をしてみたいという夢を抱いている方も多いです。

日本でネイリストとして仕事に就くよりも
かなり高いハードルになることは間違いありませんが、
本場でスキルアップを目指したいと考えている方には
大きなチャンスになるので挑戦する価値は大いにあります。

アメリカで仕事をするのは難しい?

ここではネイルが盛んに行われている
アメリカに渡航してネイリストになりたいという場合を想定してご紹介します。

海外でのネイル資格も必要になりますが、
その前にアメリカで仕事に従事するのは
かなり難しい状況であることを知っておく必要があります。

アメリカでは911テロ事件が発生して以降、
海外からやって来る移民を積極的に受け入れていません。

余程素晴らしい技術を持っている人なら労働ビザや
永住権を取得して仕事に従事できる可能性もありますが、
基本的には難しいと考えられます。

アメリカ以外の国でも深刻なテロ事件が多発していることから、
海外からの入国者に対して厳しい審査が行われることは間違いないと考えられます。

しかし、この敷居の高さは逆に考えると大きなチャンスになると考えられます。

チャンスが巡ってきた時にすぐ渡航できる準備を整えておくことと、
必要な資格を取得しておくことが大切です。

海外で通用するネイリストの資格

日本でもネイリストの資格を取得できますが、
これは国家資格ではなくあくまでも民間資格という位置付けになっているため、
国際的に活用できるライセンスとは言えません。

海外でネイリストとして仕事に従事するためには、
国際ネイルライセンスの取得を目指すことになります。

アメリカではネイリストの資格は国家資格とされており、
国際ネイルライセンスが存在しているものの、
各州によってライセンスが異なるという特徴があります。

各州によって法律や規制が異なること、
ネイリストとしての高い技術力、
海外で仕事に従事する際には必要不可欠になる語学力など
あらゆるスキルを兼ね備えていなければ現実的に仕事はできません。

州ごとに異なる受験資格や試験内容になっていますが、
例えばカリフォルニアの場合はアメリカのSSNやTAX IDを取得済でなければいけませんし、
ビザを取得しておくことが条件になります。

試験内容は実技と筆記試験があり、
実技は何とか実力があったとしても筆記試験は
全て英語で出題されるため語学力がなければ問題が理解できないため
事実上合格は難しくなります。

アメリカで発行される国際ネイルライセンスは更新制になっており、
2年経つと更新しないままでは無効になります。