1. >
  2. >
  3. 人気デザイン1
デザインの種類

人気デザイン1

メンテナンス

ジェルネイルをしている場合、
メンテナンスの頻度は3週間から1ヶ月くらいという方が多いかと思います。

しかし、3週間もしてくると、ネイルがかなり伸びてきて、
見た目が悪くなってきてしまうということも。

時間の都合でそう頻繁にメンテナンスに出かけることができないという方や、
予算の関係でできるだけスパンを空けてメンテナンスを行いたいという方は、
爪が伸びてきたことが目立ちにくいデザインにすると、
日数を経過しても比較的気にすることなく過ごせます。

ここで、伸びてきた爪が目立ちにくいデザインについて考えてみましょう。

まずは、予算も抑えられて地爪も目立ちにくいデザインの代表として、
グラデーションネイルがあります。
グラデーションネイルは、根本はクリアであることが多いので、
新しく伸びてきた爪が目立ちにくいです。
加えてどのネイルサロンでも、
グラデーションは一番施術料がお手頃なので、
予算を気にする方でも気軽に施術を受けることができます。

おしゃれな印象

グラデーションはデザインのバリエーションが少ないと思われる方も多いようですが、
意外と汎用性の高いデザイン。

グラデーションの色を変えるだけでなく、ストーンを乗せたり、
カラーグラデーションを施して、先端にのみラメを施すというデザインになると、
かなり個性的になります。

季節に応じて色に変化をつけるだけでもおしゃれな印象を与えることができるので、
グラデーションを極めるというのも楽しそうです。

多彩なバリエーション

次にフレンチネイル。
フレンチネイルも、
根元の部分はクリアか地爪の色に似たピンク色にしていることが多く、
伸びてきた爪が目立ちにくいです。

洗練されたデザインなので女性らしさをより演出することができますし、
先端の色を変化させたり、ストーンを乗せたり、
アートを加えることで、多彩なバリエーションが楽しめます。

逆フレンチも、伸びてきた爪が目立ちにくいデザインですね。

爪の根元のみクリアにしているので、
通常のデザインよりも伸びてきた爪が目立ちにくいかもしれません。

逆フレンチもバリエーションがかなり楽しめるデザインで、
色を変える、境目にラメを入れる、ストーンを乗せる、
ホロを乗せるなど、ちょっとした工夫でたくさんのデザインを楽しむことができます。

ネイルのメンテナンス間隔がどうしても空いてしまうという方は、
これらのデザインを駆使してメンテナンスを行うことで、
爪が伸びてきてしまってもあまり気にせずに次のメンテナンスまで持たせることができます。

どれも人気のデザインですので、
ぜひ試してみてくださいね。