1. >
  2. >
  3. ネイルケアの方法
爪の基礎知識

ネイルケアの方法

IMG_0570

日常的に行える爪のケア

ネイルケアにはさまざまな方法がありますが、
スペシャルケアをたまに行うよりも、
ベーシックなケアを毎日続けるほうが大きな効果があります。

ここでは、日常的に行える爪のケアについて触れていきましょう。
爪のケアで一番重視したいのが「保湿」です。

爪を保湿することで、
新たに生えてくる爪もとても健康なものになりますし、
ささくれなども起きにくくなります。

ただし、この保湿する場所がポイントで、
爪の保湿はネイルプレートだけに行っていたのでは、
あまりケアの効果は発揮できません。

爪のケアで重要となるのは、甘皮を含めた爪の根元の部分。

ここをしっかりと保湿することで、
生えてくる爪が健康な状態になりますので、
ぜひ甘皮の保湿は毎日意識してみてください。

甘皮を保湿するための最適アイテムは「ネイルオイル」。

ネイルオイルはネイルサロンやバラエティショップなどで販売されており、
決してお高いものではありませんので、ジェルネイルを施している人はぜひ購入して、
毎日定期的に塗ることをおすすめします。

塗るタイミングについては、できれば手を洗う旅に塗り直しのが理想的です。
しかしそうもいかないという人は、
出かける前、帰宅後、就寝前の3回だけでも塗るようにしてください。

どうしても無理、というときは、
夜寝る前だけでもかまいませんので、必ず塗るようにしましょう。

爪の補強

そのほか、ベースコートなどを塗って爪の補強をするというのもひとつの方法です。
ジェルネイルを施している方は別として、
地爪のままで生活している人は、
どうしても外部の衝撃などから爪が割れやすくなったり、
天候などによって爪がかけやすくなったりということがあります。

ベースコートを塗ることで乾燥を防ぐのはもちろん、
爪の補強にも繋がりますので、ぜひ活用してみて。

その場合も甘皮にネイルオイルを塗るのは忘れないように。

ネイルオイルはハケタイプやロールオンタイプなどいろいろな種類がありますので、
好みで選んでみてくださいね。

ネイルはこうした毎日のケアを続けることで、
少しずつではありますが確実によい状態となっていきます。

ネイリストの人も、
どんなに忙しくても必ず1日1回はネイルオイルを塗るように心がけているのだとか。

爪自体の劇的な状況改善は難しいかもしれませんが、
続けることですぐにささくれができにくくなったことは実感できるはずです。

逆にお手入れを怠ることで、ささくれができやすくなってしまいますので、
くれぐれも定期的なお手入れは怠らないようにしましょう。