1. >
  2. >
  3. ネイルの形の種類
ネイルの豆知識

ネイルの形の種類

爪の形にもいろいろな種類がある

ネイルの形を整えるということは、
施術の上でまず最初に行われることになりますが、
その形もいろいろあります。

どの形にするかというのは、
それぞれの好みやネイルデザインに合わせることが多いかと思われますが、
ここではその形の種類についていくつかご紹介しましょう。

ますはラウンド。
ラウンドはネイルの形の中でも一番自然でポピュラーなものと考えてよいかと思います。

実際にサロンで施術を受けている方でも、
「ラウンドで」と名指しにすることは少なくても、
結果ラウンドになっているという人が多いのではないでしょうか。

やさしい印象を与えるほか、
爪が小さい人などはこの形にすることで爪を大きく見せることができますので、
一番取り入れられている形です。

女性らしく洗練された印象

次に、オーバル。
オーバルはラウンドよりも爪先に丸みをつけ、
主張しているデザインになります。

ラウンドよりも爪の強度が落ちますので、
指先の扱いには注意が必要ですが、
女性らしく洗練された印象を与えるデザインであることから人気があります。

長さ出しをしている方に多く使われている形です。

ポイントは、オーバルの爪先をさらに尖らせた形。
この形はかなり攻めの形になりますので、
日常的に取り入れているという方は少ないかもしれません。

アクリルやハードジェルであれば強度があるので問題ありませんが、
地爪でこの形にするとかなり強度が弱くなり、割れやすいなどの問題が発生することも。

プライベートにおすすめ

スクエアは、四角く整えた形のことをいいます。
先端が平らになっているので、爪の強度はあるのですが、
角が尖っているため少し危ないということも。

プライベートでこの形にしている人はとても少ないようですが、
協議会などではスクエアの形を採用して施術を披露される方もいらっしゃいます。

スクエアオフは、スクエアに少し丸みをつくったような形です。

丸みがあるので危険度が減るため、
この形にしている人も一時は多くいらっしゃいましたが、
最近は少なくなっているように思います。

ただし強度が一番強いので、
長さを出したいという方は爪のもちがよくなるのでおすすめ。

このように、爪の形にも本当にいろいろな種類があります。
どの形にしようか選ぶのも迷ってしまいますが、
ネイリストがすべての形を覚えてさっと「今日は○○で」
といわれた形を作り出すことができるのもすごいなと思いますね。

ネイルをちょっと変わった形で楽しみたいという人は、
これらを参考に今までやったことのないネイルの形にチャレンジしてみてください。