1. >
  2. >
  3. カラーセラピスト
ネイルの種類

カラーセラピスト

癒される色のネイル

ネイルにはたくさんのカラーを使用する上に、
その人それぞれで色の好みが違います。

またネイルは指先に施すこともあり、
お客様の目につきやすい場所でもありますので、
お客様が指先を見た時に気分が上がる、
癒される色のネイルを施してあげることができたら、
きっととても喜んでいただけるはず。

個々のお客様に最適な色合いのネイルを提供できるように、
色を操る資格を習得できたら、ネイリストというお仕事にすごく癒せそうですよね。

ここでは、色に関する資格、
カラーセラピストについてご紹介したいと思います。

色味をチョイス

カラーセラピストとは、簡単にいうと、「色を使って癒しを見つける」ための手助けをすること。
その知識を極めることが、カラーセラピストの資格であるといえるでしょう。

かなり昔から活用されている「オーラソーマ」というのをご存知でしょうか?
色の水が入ったたくさんの瓶を選んでいただき、
そこからその人の心理状態を診断するというものになりますが、
これはカラーセラピーの代表ともいえるもの。

カラーセラピーでお客様の心理状態を読み取ったら、
その心理状態がより良くなるような色味をチョイスしてネイルを施してあげることができたら、
ネイルだけでなく、心もケアして差し上げられます。

カラーセラピーの資格は、前述したオーラソーマの認定資格など、
民間資格がいくつかあるようです。

その資格によって内容が異なってくる上に、
通学や通信で講座を受講してから受験資格が得られるものや、
独学で受験することができるものなどに分かれてきますので、
あなたのライフスタイルや自分に合う内容の資格を選びましょう。

色の組み合わせ

色に関する資格として、色彩検定というものもあります。
これは色を使って誰かを癒すというよりは、
色の組み合わせによって得られる効果などについて、
論理的に考えていく資格です。

こちらの色彩検定は国家資格ですが、
独学で学んで受験することも可能。

テキストにおいてもさまざまなものが出ていますので、
独学で勉強しやすい資格だといえるでしょう。

ネイリストとカラーは切っても切れない関係にありますので、
色をより深く理解するための手段として、
資格試験に挑戦するのはとても有意義なことだと思います。

色についてただ勉強するとなると、
どうやって学べばよいかわからないということになってしまいがちですが、
資格というゴールがあることで学びやすさもありますよね。

ぜひネイリストの勉強と並行して、
カラーセラピーの資格にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。