1. >
  2. >
  3. ジェルネイル(バイオ)
ネイルの種類

ジェルネイル(バイオ)

バイオジェル

バイオジェルは、
一時ネイルサロンのシェア率が一番高いかったといってよいほど
普及しているソフトジェルです。

店鋪型のネイルサロンでも、ホームサロンでも、
バイオジェルを採用しているところがとても多いといわれています。

バイオジェルの特徴は、カルジェルに比べて硬度が高く、
ジェルのもちがよいということが挙げられます。

カルジェルもそれなりの硬度を保っていますが、
爪先をかなりハードに使う人は、
バイオジェルのほうがはがれにくいのだそうです。

その代わり、
カルジェルに比べると地爪への負担が大きくなるため、
爪の弱い方にはあまりおすすめできないともいわれています。

セルフネイラーの人気

バイオジェルが普及していた理由のひとつとしては、
セルフネイラーでも気軽に購入できるという点があったと思われます。

インターネットでも手軽に購入することができるので、
セルフネイラーやホームサロン運営者も使いやすいのですね。

カルジェルはディプロマを取得していないと購入することができないので、
その差からバイオジェルの普及率が高まっていったようです。

ソフトジェルが普及し始めたころは、
カルジェルやバイオジェルなどが主流でしたが、
今ではパルジェルやそのほかいろいろなジェルが出てきていますので、
バイオジェル以外にもいろいろなジェルを採用しているサロンが増えました。

それぞれのジェルには特徴がありますので、
ご自身の爪に合ったものを選ぶようにしてください。

オフは自宅で

バイオジェルも、アセトンで落とすことができますので、
ジェルネイルの費用を浮かせたいという人は、
施術はネイルサロンで行い、オフは自宅でして、
そのままサロンで次の施術をしてもらう、
などの対応をとられている方もいらっしゃるようです。

こうすることでオフ代を浮かせることができるので、
かなりの節約になりますよね。

最近は、同じサロンで施したジェルネイルであれば、
オフは無料で行ってくださるところも増えましたので、
そういったサロンを選ぶときちんとプロにオフをしていただけるのでおすすめです。

ジェルネイルで一番爪に負担がかかるのはオフのときだといわれていて、
きちんとジェルが浮いていない状態でオフしようとすると、
つい削ってしまったり、
無理やり剥がして爪の細胞まで剥ぎ取ってしまうということがありますので、
素人がセルフでオフをするというのはあまりおすすめできません。

オフこそプロにきちんと施術していただいたほうがよいということを覚えておくとよいでしょう。