1. >
  2. >
  3. ジェルネイル(カル)
ネイルの種類

ジェルネイル(カル)

爪の弱い方でも楽しむことができる

カルジェルは、ソフトジェルの種類のひとつになります。

ソフトジェルにはいろいろな種類がありますが、
この中でもカルジェルは地爪への負担が少なく、
爪の弱い方でもジェルネイルを楽しむことができるアイテムのひとつとして人気があるようです。

ネイルサロンによって使用しているジェルが異なりますので、
カルジェルで施術をしてほしいといときは、
事前にネイルサロンに連絡をして、
使用しているジェルの種類を確認されることをおすすめします。

最近は、カルジェルを使用している
ネイルサロンは少なくなってきているそうなんです。

その理由は、カルジェルの入手方法が特殊だということが上げられます。

ネイルサロンを開業するにあたり、
カルジェルの仕入れを行いたいというときは、
カルジェルが主催しているネイル講習に参加して、
テストを受けて合格する必要があります。

合格すると「ディプロマ」という認定証のようなものとIDが発行され、
このIDがないとカルジェルを購入することができないのです。

手間や費用の問題

そして、ディプロマを入手した人のみがカルジェルの仕入れを行えるわけですが、
有料でネイル講習に参加して試験に合格しても、
カルジェルの仕入れ単価がかなり高いので、
価格競争が広がっているネイル業界では、
コストがかかり過ぎるという問題が発生しています。

カルジェルは一般の人がインターネットなどで気軽に購入できないジェルなので、
こうした手間や費用の問題が、
カルジェルを使用しているネイルサロンが減っている原因となっているようです。

サロンの中には、ベースのジェルだけカルジェルを使って、
その上のジェルは別ノメーカーのものを使っているというサロンもあります。

これでも地爪への負担はかなり軽減されますが、
すべてカルジェルで施術を行ったときとは仕上がりがかなり異なりますので、
こだわりのある方には満足のいく仕上がりにはならないかもしれません。

カルジェルは地爪への負担が少ないというメリットがありますが、
紫外線に弱く、紫外線に当たり続けると黄ばんで来るというデメリットもあります。

そのため、海水浴など紫外線にたくさん当たる場に連続して出掛けていると、
クリアジェルをつけている場合は特に黄ばみが目立ってきてしまうのです。

こうしたデメリットもありますが、
やはりカルジェルがよいという根強いファンがいるのも事実。

カルジェルは、ディプロマを取得している人が購入し、
インターネットなどで販売していることもありますが、
中には偽物を販売している人もいるので、
セルフネイルでカルジェルを購入したいという方は注意が必要です。