1. >
  2. >
  3. ネイルチップ
ネイルの種類

ネイルチップ

ネイルチップは、
爪の形をしたパーツにデザインをし、
それと爪に貼り付けるタイプのものになります。

ジェルネイルが主流となっていますが、
仕事や学校の都合でジェルを乗せることができない方が、
結婚式やパーティーなどでネイルを楽しみたいときに用いられる方が多いようです。

チップにはいろいろなデザインを施し、
それを販売しているものもありますし、
無地の白や透明のチップに自分でデザインをほどこし、
それを貼り付けることもできます。

よくネイルサロンでネイルの見本として
たくさんのチップにデザインを施したものが用意されていますが、
あれがネイルチップです。

日替わりで違ったデザイン

チップのメリットは、
ジェルのようにオフに手間がかかるということがないため、
いつでも好きなときにネイルのおしゃれを楽しむことができるという点が一番大きいと思われます。

いろいろなデザインを用意しておけば、
かなり派手なデザインでも一日楽しんでその日に外すこともできるので、
とても手軽にネイルのおしゃれを楽しむことができますし、
いろいろな種類を用意しておけば、日替わりで違ったデザインを楽しむことも可能です。

ジェルの場合はオフをしないと次のデザインを楽しむことはできず、
あまり早い回転でオフとジェルを続けると、
爪に負担がかかってしまうこともありますので、
日替わりでジェルデザインを変えるということは難しいため、
いろいろなデザインを楽しみたいという人にはチップが適しています。

デメリットとしては、接着剤で爪にチップを貼り付けますので、
外した時に爪に接着剤が残り、見た目が悪くなってしまうことがあることと、
衝撃で接着剤が剥がれてチップが取れてしまったときに、
そのまま失くしてしまう可能性が高いということがあります。

なくしてしまってもすぐに同じデザインのものをつくれればよいのですが、
デザインのものを購入して使用している場合は、
ひとつなくしてしまったらもうそのチップはすべて使えないということもありますので、
コスパが悪くなってしまう可能性も。

人の爪の大きさや形はそれぞれ異なりますので、
チップもいろいろな形が用意されています。

その中で自分に合った形を見つけて使用するのがポイントです。

インターネットなどでオーダーでチップを注文することができますが、
自分の爪に対して大きかったり小さかったりすると、
上手につけられないことがありますので注意しましょう。

自分でデザインする方は、
100円ショップなどでも無地のチップが販売されています。