ネイルの種類

お給料

最初はかなり厳しいかもしれません

ネイリストという仕事は理容師や美容師と同じように、
最初はどこかのお店や先輩スタッフについて
修行させてもらうという職人的なところがあります。

そのため未経験でネイリストとしてアルバイトなどで勤務する場合には、
他の職種に比べてそれほど恵まれた条件が出されるわけではありません。

ネイリストのアルバイトを検索してみると、
お店によってかなり提示額のばらつきはありますが、
それでも平均的には850円~1000円くらいの間のところが多いようです。

正社員として検索してみると、
月給180,000円くらいからのスタートとなるところが多いようですが、
中には15万円~16万円くらいのかなり安いレベルからとなっているところもよく見かけます。

ここで注意をしたいのが、
仮に時給1000円を超えるようなバイト求人があったとしても、
全ての人がその金額からスタートするとは限らないという点です。

中には「本人の能力によって決めます」というような但し書きがあるところもあり、
全くの未経験のときには750円からのスタートなんていう場合も非常によくあるためです。

残れるかどうかは本人次第です

給与面でもそうですが、
実際に仕事として勤務をしてみてから
その厳しさに気づき辞めていくような人もかなりの割合で見られます。

ネイリストの現場で働いている人の声を聞いてみると、
だいたい10人入社してきたら業界に残って仕事をしていけるのは
そのうちの2人~3人いればよい方といいます。

厳しい現実ですが、
ネイリストという華やかなイメージにあこがれてなんとなく就職を希望したというような人の場合、
給与の安さやひたすら練習と下積みが
続く業務に途中で耐えられなくなり逃げ出してしまったりするのです。

ですがそうして最初の厳しい時期をしっかり強い意志を持って乗り切ることができれば、
任される業務の範囲も広くなり給与や待遇もどんどんアップしていきます。

お店で常連さんから指名を受けるほどの技術が身につけば、
独立をしてお店を開いていけるようにもなるので
そうなればかなりよい年収にしていくことも可能です。

開業やフリーランスとなった場合

ネイリストとして一人前になったなら、
やはり自分でお店を持ったり、
フリーランスとして活躍をしていきたいと考えるところです。

お店に勤務をしている頃に比べ、
フリーや店長として働くネイリストさんの方がよい給料となるのは一般的な傾向ですが、
全ての人が安定的に仕事を得られるわけではありません。

お店勤務と違ってフリーや開業の場合には
お客さんをきちんと引っ張れるかどうかは自分次第ということになるので、
稼ぐ人は月100万円くらいはどんどん仕事をしているのに対し、
できない人はバイト給与以下なんてこともあったりします。

フリーとして活躍するためにはネイル技術以外にも
営業戦略や経営・経理の知識など広く求められる能力が出てくるため、
そうしたものも若いうちから詳しく学んでいきたいですね。