1. >
  2. >
  3. スカルプチュアネイル
ネイルの種類

スカルプチュアネイル

ジェルネイルとスカルプチュア

スカルプチュアネイルは、
今はアクリルと呼ばれていることも多いネイルの種類です。

ジェルネイルとスカルプチュアネイルの大きな違いは、
その施術方法や強度などが挙げられます。

以前、ジェルネイルが普及する前までは、
スカルプチュアネイルが代表的なネイルの施術でした。

スカルプチュアネイルは地爪をぎりぎりまでけずって
そこにアクリルを乗せていくという施術方法になります。

スカルプチュアネイルのメリットは、まずは強度が強いということ。

かなり固いので、多少乱暴に手先を使っても、
剥がれたり折れたりということはありません。

また、爪を作り上げていくことが可能なので、
地爪がまったく伸びていない方も、長さ出しをすることができます。

ジェルネイルの場合はランプを当てないと硬化しないので、
爪の上に塗ることしかできないため、
長さを出せないというデメリットがありますが、
スカルプチュアネイルの場合は長さを出せるので、
事情でどうしても身近い爪に長さ出しをしたいという方にはとても適しています。

ジェルの密着

逆にスカルプチュアネイルのデメリットは、
爪にかなりの負担がかかるということと、
新しい地爪が伸びてきたときに目立ちやすいというデメリットがあります。

爪を削ってアクリルで爪を足していきますので、
爪への負担が大きいのはうなずけますね。

ジェルネイルの場合も爪を削ることはありますが、
あれはジェルの密着をよくするためなので、
少し削るだけでも十分ですし、
人によっては削らないでジェルを乗せても
技術上大きな問題が生じるということはありません。

スカルプチュアネイルも、
その人によっては必要な施術技術になりますが、
オフをするのにもジェルネイルより時間がかかるということもあって、
最近はすっかりジェルネイルが主流となっています。

しかし、長さを出したいというときにアクリルを使って長さ出しをし、
その強度を活かして地爪を伸ばして、
伸びてきたところでアクリルを剥がし、
ジェルネイルを乗せていく、
という方法でジェルネイルとスカルプチュアネイルを併用している方もいらっしゃるようです。

どの施術方法がよいかというのはその人の好みや用途によるところが大きいので、
初めての施術の際には、それぞれの技術についてネイリストにいろいろと質問をしてみて、
これだと思う方法で施術していただくとよいと思います。

ただしスカルプチュアネイルの場合は、
オフの際にもかなり爪に負担がかかりますので、
爪が薄い、弱いという方は、
施術の際にはネイリストによく相談してから行われることをおすすめします。