ネイルの種類

資格

ネイリストになるために、
取得しておくとよい資格はいろいろあります。

資格が役に立つ

ネイルに直接関係している資格として「認定講師」の資格や、
「カラーセラピスト」の資格などがあり、
この2つについては別のページで掘り下げていきたいと思うのですが、
他にもいろいろな資格が役に立ちます。

例えば、リンパドレナージュの資格。
ネイルサロンで全身をリンパマッサージするということは
まずありませんが、ネイルサロンではハンドトリートメントを行うところが多いので、
手のリンパを促すリンパマッサージを習得しておくと、お客様からとても喜ばれます。

会話の練習

次に、ネイルサロンでは、フットもハンドもお願いされる方だと、
眠ってしまう方も多いですが、基本的に眠れないような姿勢で行われることが多いので、
お客様とかなり密着した状態で施術を行う必要があります。

その間終始無言だと、ちょっと気まずいので、会話術は必須。
会話についての資格などを取得しておくと、
接客時に自分の自信につながります。

実際、ネイリストの方はすごくよくお話してくれます。会話が途切れないように、
無言になったときにさりげないタイミングで声をかけてくれるので、
この技は絶妙だなと感心されることも人見知りが激しかったり、
口下手の方は、会話の練習は是非しておいたほうがよいでしょう。

その他、ゆくゆくは独立を、とお考えであれば、
簿記の資格をとっておけば帳簿付けに役立ちますし、
施術中にお茶を振る舞うのであれば、紅茶やコーヒーの資格をとって、
おいしい紅茶が出て来るお店としてPRしてもよいですよね。

ご自身が女性を磨こうと思ってチャレンジすることは、
だいたいサロンワークで役に立ちますので、ぜひいろいろな資格に挑戦してみましょう。