1. >
  2. >
  3. 爪の仕組み
ネイルの種類

爪の仕組み

爪の基本

爪のお手入れの基礎知識として
まず爪の仕組みと働きについてまとめたいと思います。

みなさんは爪のお手入れの際に、
爪やすりで整えたり、
甘皮をカットしたりしていませんか?

実は見栄えを良くしようと行っている行為は
実は爪の健康には非常におすすめできない行為なのです。

甘皮の下には新しい爪を作ってくれる組織があります。
この組織は爪母と呼ばれ、爪の成長に大きな役割を果たしています。

甘皮はこの爪母を外部の刺激から守ってくれる役割を果たしてくれます。

つまりこの爪母がうまく機能しないと正常な爪、
健康的な爪が生成されない危険性も生まれてきます。

また、ガードしてくれる甘皮を削ってしまうことでそこから菌が入り、
「ひょうそ」という病気を招いてしまうこともあります。

ネイルの際には邪魔だと思ってしまっても
爪の健康のためには必要不可欠です。

美しい爪は健康的な爪があってこそのものです。
十分に気を付けましょう。

爪で健康状態の確認

爪の状態で健康診断ができてしまいます。
爪の色、表面、形を観れば肝臓や脾臓、
血液の状態、心臓の状態、
がんの前兆といったことまでがわかってしまうのです。

詳しくはこちらのURLにも詳しく乗っていますので、
参考にしてください。

参考:爪で見るあなたの健康
http://www.93tsukada.com/nail/nail.html

爪の伸びるスピード

爪は一日に約0.1mm伸びます。
乳幼児や高齢者ですともう少し少ない0.07~0.08mmといったデータがございます。
ちなみに手と足の爪にも違いがあって足の爪のほうが厚く成長スピードは遅くなっています。

また、夏のほうが冬よりも伸びが早いといったデータもございます。