1. >
  2. >
  3. 通信講座を学ぶ
ネイルの種類

通信講座を学ぶ

ネイルスクール

ネイリストの勉強ができる機関として、
スクールのほかに通信教育を受講するという方法もあります。

社会人で、スクールに通う時間を十分に捻出できない方や、
地方在住社で近隣に気に入ったネイルスクールがない方などは、
通信教育を利用するとよいでしょう。

通信教育は、主にネイルの資格取得を目的としてカリキュラムが構成されています。
これまでは、さほどネイルの資格について重要性がなかったのですが、
最近はどの程度のネイルのスキルがあるかを把握するために、資格取得が基本となっています。

また、スクールと同じように、ネイリストになるための基本のカリキュラムが組まれている
コースもありますので、幅広くネイルをしたいという方が、
通信教育でも十分しっかりと学べるようになっているので、安心して受講できますね。

料金について

費用は、スクールよりもかなりお休めに設定されており、スクールのネイリスト養成講座が
50万円前後だとすると、同様のコースで通信教育の場合は、20万円弱で受講することができます。

基本的には一人で学習を進めていかなければならないので、お安めに設定されているのもうなずけますが、
必要な備品などを含めた価格なので、お手頃だといえるでしょう。

但し、講座料金のほかにテキスト代が別途かかる講座もありますので、
資料請求をして、料金についてはしっかりと確認しておきましょう。

技術や知識を習得

通信教育のメリットは、自宅で好きな時間に学習を進められるという点ですが、
これはデメリットでもあります。

自分しか勉強のためにお尻を叩いてくれる人がいないので、
サボってしまうと、そのまままったく進みません。

誰かと相談しあったり、励まし合いながら学習をすることができないので、
孤独感からモチベーションの維持が難しいのもデメリットの理由です。

そこだけクリアできれば、最近の通信教育カリキュラムの組み方もとても優秀ですので、
しっかりと技術や知識を習得することができると思います。

お手頃にジェルネイルの基礎を学ぶ

通信教育でまずはネイリストの基本講座を受け終えても、
資格取得を目指す方は、引き続き資格対策講座を受けたほうがよいでしょう。

独学の場合、資格対策についての情報収集に限界がありますので、
通信教育で役に立つ情報を得ながら学習を進めるほうが効率的です。

「スカルプはやらないので、ジェルの勉強だけしたい」という方、
通信教育でもジェルコースの用意がありますので、
そちらを活用すれば、
かなりお手頃にジェルネイルの基礎を学ぶことができますよ。

通信教育は、一括払いだけなく、分割払いも受け付けているようですので、
無理なく支払いができるのもうれしいですね。